こんにちは、国語科の進藤です。

ぽかぽかとした快い午後、前々より行こうと思っていた太宰治展を拝観してきました。
JR石川町駅より買い物客で賑わう元町を抜け、閑静な上り坂を上ったところに港の見える丘公園があります。
広々とした園内を進むと大佛次郎記念館があり、さらに奥に進んでいくと近代文学館に到着。
入館料¥700を支払い早速展示室へ。
最初は常設展が設置されており、夏目漱石、川端康成、三島由紀夫をはじめとする様々な作家の原稿などが展示されていました。これも見所満載です!

そしていよいよ太宰治の展示室へ。太宰の生涯が作品とともに時系列にのっとって紹介されています。富豪の家に生まれたがゆえの苦悩。常に死を意識する彼の生き様と井伏鱒二をはじめとする交友関係などが詳しく解説されていました。
自分の想定をはるかに超えるほどの素晴らしい展示に、午後のひとときがいつもより得した気分になりました。

1

 

2

3

4

IMG_0170

IMG_0171

IMG_0172

IMG_0174