こんにちは、進藤です。

日曜日の午前には、月に2~3回、中学無学年制の国語知識講座を開講しています。

この講座は、文学史と文法に特化した授業を行っています。

文学史は、自作の文学史年表を使って、入試によく出る作品を、奈良時代『古事記』(神話・歴史書)から始めて、今は江戸時代の近松門左衛門・上田秋成まで勉強してきました。

古典作品は、作品名と作者名の一致、文学ジャンルなどは頻出ですので、しっかり覚えておきましょう。

文法は、文の成分から始めて、今は、自立語の中でも最も重要な動詞の勉強をしています。

先週の授業までに動詞の活用形・活用の種類の勉強が終わり、今日は音便(イ音便・促音便・撥音便)の勉強をしました。

次回は可能動詞です。ここでは「ら抜き言葉」の話もしようと思っています。

学校では、あまり多くの時間を割いて学習することのない知識系の分野ですが、これも国語の中ではとても大切な勉強です。

文法・文学史等でお困りの方は是非僕の授業を受けにきてください。

待ってるよ!!

IMG_4105