塾によってカリキュラムが違いますが、おおまかな受験までの流れを書いていこうと思います。

小4までは基本的に塾で習うことは「学校の先取り」です。
小5からは「学校では習わない考え方」を習い始めます。
小5~小6の夏休みで受験に出る内容を一通り扱います。
小6の夏休みからは過去問演習など志望校にあわせた勉強と、時事問題対策を行います。

 次は科目別に述べていきます

算数はずっと重要です。算数担当の私が述べても真実味が薄いかもしれませんが、算数はほとんどの学校の入試で一番重要な科目となるので、算数に触れない日は一日たりとも許されない、それほどです。

理社は小6の夏からが勝負だと思います。極端なことをいえば、そこまでの理社の授業は単元ごとに「いかに興味を持ってもらうか」という授業をしています。興味を持てれば記憶する力は飛躍的に伸びるからです。

国語については、漢字練習と過去問演習を除くと、小6夏までに終えるぐらいの目標でやっていくことになるでしょう。

 ところが、最近上記のことが当てはまらなくなってきました。小5からではなく小4から受験勉強をはじめる塾が増えているのです。

(ある塾が小4から受験カリキュラムをスタートさせて「うちは早くからスタートする分有利ですよ」とし、そこに優秀な生徒が多く集まれば、別の塾も対抗して小4からのカリキュラムにせざるを得ないでしょう。個人的には小4から通うにしても、小4は宿題をやる・ノートを取れるようにするなどの準備期間で、小5スタートでも良かったと思うのですが・・・)

中学受験を目指す保護者さんは、通える範囲内の塾について、どこが小4からでどこが小5から受験カリキュラムにはいるのかを調べていただくと良いと思います。その上で現在のお子さんの学年や状況に応じて塾を選んでいただくと良いのではないでしょうか。

 ただし塾選びにはそれ以外の項目も重要です。
・一つは体験に行ってみて、通う生徒さんご本人の意見でしょう。
・もう一つは「我が子を任せられる」と信頼できるかがも重要です。信頼というのはすぐにはできないものなので判断は難しいですけれども、雰囲気などは見てみてほしいとおもいます。
・塾によってどの程度保護者の手が必要かが相当異なります。塾によっては保護者か家庭教師がついていないと厳しいところもありますし、お弁当をどの程度必要とするのかも相当な差があります。