中学受験にかかわらず、お子様の人生の分岐点において、できるだけ本人の意思が尊重できれば良いですね。ただ、中学受験するかをお子様に聞いても、判断できない部分が大きいでしょう。ましてや、受験するんだと覚悟を決めようといっても、よくわからないと思います。私としては、保護者さんが覚悟を決められるかが重要だと思います。

 中学受験は、すると決意したら、途中でやめないことが重要です。
 たとえどのような途中経過を経たとしても、確実に1校は合格して終わるが絶対に良いと私は考えています。(第一志望校でないときに、公立に進むのは家庭の方針次第です。それでも合格をするべきだ、と考えています)その理由は、高校受験をはじめとした、今後のためです。
 中学受験で失敗し、合格校がなかった生徒も私は指導させていただいた経験がありますが、多くの場合中学3年生になると、すごく受験に向けて気持ちが後ろ向きになってしまいます。また全滅するんじゃないか、という不安があるからです。ご本人も保護者さんも、志望校を確実に合格できるレベルよりさらに下ろすことが多いものです。そこで、先に述べたように必ず合格という結果を得てほしいと思っています。

 中学受験を始めてから、受験をするまで、辞めたいと思うことがないなどということはまずありえません。勉強していなければ当たり前ですが、勉強していても成績が上がるとは限りませんし、むしろ一時的にはテストの結果が下がることも有るでしょう。そういう時には辞めたいと思うこともあるでしょう。また、塾の中の人間関係もうまくいかないこともあります。小6の夏期講習直前ぐらいからは、同じ塾に通うライバルとの関係も、複雑になっていきますから、そういったことで揉めることもあるでしょう。それでも受験をする、という覚悟で進んでいかなければいけないと思います。

 そこまでして、得られるものが「第一志望校の合格」とは限りません。それでも私は受験をする価値は有ると思います。その理由はいくつもありますが、最大のものは「成長するから」でしょう。特に実際に受験が始まると、一校受験して帰ってくるごとに別人のように大人になって帰ってくる生徒を何人も見ています。