中学受験をするべきか、2回めは通知票について述べたいと思います。

中学受験と高校受験の制度の違いで最大のものは、内申点(通知票)をどの程度活用するか、であると思います。(英語が試験科目になるのも大きな違いではありますけれどね。)

高校受験では、公立だけでなく、私立も多くの学校が内申点を利用しています。それと比べ、中学受験で学校の通知票を点数として利用している学校は少数派です。

公立中学校に進学した際に、内申点が取れそうであれば高校受験向きといえるでしょう。

なお、内申点はテストの点数もありますが、それ以上に「提出物を期限を守って提出する」ということが特に重要です。宿題や持ち物について、自己管理ができていれば高内申が取れることと思います。テストも基本的に範囲はここ数ヶ月で習ったことです。応用力よりも基礎力が重要で、コツコツと勉強できるタイプの生徒さんが高得点になりやすい傾向があります。(翔栄スクール付近の学校にはありませんが、地域によっては入試問題レベルに近い難易度の高い問題が多く出題される中学校も存在します。)