16日、県立高校入試(初日)が行われました。

簡単に分析をしておきます。

2013年に行われた入試から大きく入試制度がかわった神奈川県立高校ですが、
数学の解答用紙は2013年と2014年ほぼ同じ、といえるものでした。
(注:神奈川県立高校は 通常 四角1 となるところを 問1
通常(1)(2)… となるところを (ア)(イ)…と表現します)

問1:1問3点×4問:計算問題
問2:1問4点×8問:小問集合
問3:1問4点×3問:関数
問4:1問4点×3問:確率
問5:1問のみ。10点:記述問題
問6:1問4点×3問:立体図形
問7:1問のみ。10点:図形の証明

今年度も配点は、大きく変わりませんでした。
変わったのは問5が1問のみではなく(ア)と(イ)に分かれ(ア)2点と(イ)8点になったことのみです。

ただし、傾向としては変わった部分があります。

問4が確率ではなく、資料の整理が出題されました。
翔栄スクールの数学の授業でも、確率でなく、資料の整理が出題されるかも、というお話をさせていただいたのですが、本当に出てしまいました…。

資料の整理は難しい単元ではありません。しかし、苦手にする人が多い単元です。
その理由は主に2つ。

1.中1でしか習わない単元で、その後応用、発展で改めて習うことのない単元なので忘れている

2.通称「ゆとり教育」と呼ばれた頃、中学生から外れていた単元のため経験10年程度以下の先生は一切教えた経験がない

難しくないのに、苦手にする人が多い単元なので、簡単に武器に出来る単元ですよ。
もっとも来年の入試で出るかといわれると、どちらとも言えませんけれどね。