復習シリーズも4回目になりました。

今までの記事はこちらから
第1回:復習
第2回:選択問題の復習の仕方
第3回:復習することが目的ではない

4回目の今回は、過去問演習の際の復習の仕方について書いていきます。

過去問の復習で重要なのは、「全部出来るようにするのが目標ではない」と言うことです。

過去問を解くのは学校ごとの傾向を知り、時間内で合格点をとるためには、どうすればよいか対策をするためであり、決して満点をとるためではありません。

1.自分の全教科の合計点を知る
(よく1教科だけで「合格」「不合格」を判断する生徒がいますが入試は普通1教科ではありません)

2.合格点を知る
(ややこしいのは、県立高校のように内申ごとに合格点が異なる学校です。県立高校の場合の合格の目安は、計算が必要なので翔栄スクールまでお問い合わせ下さい。中2、中3の通知表の評定がわかればおおよそ計算できます)

3.全部であと何点で合格なのかを知る(これは1.と2.からわかりますね)

4.それを全教科のなかから、どの問題でとるべきだったかを考える

5.とるべき問題を時間内にとるには、どのようにするか(時間配分のこともありまし、問題の解き方のこともあるでしょう)

特に4.と5.は判断が難しいです。
生徒にありがちなのは得意教科で無謀な点数をとる目標を立ててしまう場合ですね。
保護者様が立てると苦手教科で「これぐらいとりなさいよ」ってなってしまうことが多いようです。
その計画が正解の場合もありますが、判断は塾の先生などのプロの中で「この人が一番信頼できる」という方にお任せした方がよいと思います。

なんにせよ、「合格点をとるための復習をしましょう」ということでした。