翔栄スクールの数学・算数の授業では問題を解く際にノートに書くよう指導しています。
それはテキストに書き込まないほうがよい、理由があるからです。
簡単に言えば、繰り返し使いたいから、なのですが、ちょっと詳しく述べますね。

問題を解いて、説明を聞いたとき、「説明を受ける前にできた・聞けば分かる・聞いても分からない」のようにいろいろな状況があるかと思います。
(それ以外にも自分でもできたけれど、説明を聞いたらもっと簡単にもできた、などありますね。)

「聞けば分かる」という問題を復習しないと、多くの場合「テストではできない」となってしまうと思います。
※このことに本当に気がついている生徒は多くはありませんが。

そこで、「聞けば分かった」という問題を「できる」ようにするには繰り返し問題を解く必要がでてきます。
繰り返し解く際に、テキストに途中までといたあとがのこっていては、演習の意味がうすれてしまいます。
ですから、もう一度解くために、テキストに書き込まないほうがよいのです。

なぜ詳しくのべたのかというと、理由をわかっていてほしいからなのです。
「言われたからこうする」から「理由をわかってこうする」となれると、いままでより力が付くと思いますよ。