源氏は事態を秘密にしておこうとした。実は玉鬘が髭黒のものになっていたからだ。源氏ははなはだ残念に思うが、しかたなく養父として式の支度をする。髭黒は、自邸を修復したりして、玉鬘を引き取る準備を始めた。北の方は、式部卿宮の愛娘であったが、最近もののけがついて、そのために夫との仲がうまくいかなかった。式部卿宮は、世間体も考えて、自分の邸に娘を引き取ることにした。離婚を迫られた髭黒は、一応北の方をあれこれと慰める。しかし、夫の外出のために衣に香をたきしめていた北の方は、突如、火取を髭黒の背にふりかける。髭黒は玉鬘のもとへは行けなくなってしまう。歌を贈るが、返事はない。彼は翌日の夕方北の方をおいて出ていった。
 これを聞いた式部卿宮は、急避北の方を迎えによこした。髭黒の愛娘の姫君はこの邸を去るのを悲しみ、柱の割れ目に、「真木の柱はわれを忘るな」と一首の歌を残した。官邸では、母北の方はてっきり源氏が糸をひいているものと考えて憤慨していた。さて、髭黒は帰邸してその真木の柱を見ると、さすがに涙を禁じえない。式部卿官邸に行って北の方や姫君たちに会おうとするが、宮さえも出てきてくれない。仕方がないので、男の子だけを連れて帰ってきた。
 翌年春、玉鬘は入内した。髭黒右大将の権威は高まった。冷泉帝は玉鬘が気に入ったようであるので、髭黒は気が気でない。大急ぎで自分の邸へ引き取る。源氏はそっと手紙を贈った。さすがに玉鬘の心は動く。源氏ももとの玉鬘の室を訪れてみても、思い出は尽きずまた歌を贈る。髭黒の男の子たちは玉鬘になついていたが、真木柱の姫君だけは父に会えない。十一月には玉鬘に子供が生まれ、そのころ近江君にも女心が芽生えた。ふとみかけた夕霧に近付いて、例の調子で夕霧を辟易させるのだった。

公開した『源氏物語』の記事をまとめて読みたい方は
    こちらをクリックしてください