六条院の新春のすばらしさは言葉に表しがたいほどである。特に紫の上の御殿はあたかもこの世の極楽である。ここをさしのぞいた源氏は、ついでに明石の姫君のもとに訪れ、実母明石の君からの贈歌があるのをみてわざわざ返歌をさせる。次に花散里・玉鬘のもとに行く。源氏はあらためて玉鬘の美しさと素直さを感じる。その夜は明石の君のもとに泊まり、翌早朝紫の上のもとへもどった。あくる日は、臨時客で紫の上に対する気まずさをごまかしてしまう。ところでこの六条院のにぎやかなさまにひき比べて、二条東院の人々は無聊にその日を送っていた。源氏が東院に来てみると、末摘花も年をとって白髪まじりとなったが、昔の性格は変わらない。庭前の紅梅にその鼻が連想されるのであった。空蝉のもともさしのぞき昔の恨みごとを述べると、彼女はひどく恥じ入って泣いた。このほかにもおおぜいの女性たちのもとをめぐった。今年は男踏歌があり、宮中から朱雀院を経て六条院へやってきた。紫の上・明石の姫君・玉鬘らが見物にやってきて対面した。踏歌の人々のために、源氏はごちそうした。皆すばらしい歌と踊りであった。翌日源氏は人々の歌を批評し、私邸での後宴を計画した。

公開した『源氏物語』の記事をまとめて読みたい方は
    こちらをクリックしてください