六条御息所の娘前斎宮(秋好中宮)は、源氏の養女として冷泉帝の後宮に入内することになった。冷泉帝はすでに権中納言(頭中将)の娘弘徽殿女御が入内していたが、秋好中宮は絵が巧みであったので、絵を好む冷泉帝の心を奪うことになった。これに対抗して権中納言は物語絵を製作させ、弘徽殿のもとに贈る。源氏もわが邸に秘蔵していたものをとりそろえた。藤壷は女御たちを集めて、双方の物語絵の批評論争を行わせたが、やがて絵合は帝の前で、公式の行事として形式を整えて行われることになった。
 当日、当初は互いに譲らず、いよいよ最後の一番になった時、源氏の須磨の絵日記によって秋好方の勝利となった。
 その夜、源氏はこの絵合の判者をつとめた螢兵部卿宮を相手に学問や絵画や書道について論じ、音楽を奏した。源氏は心中に省みるところがあって、嵯峨の山里に勤行のための御堂を建てた。

公開した『源氏物語』の記事をまとめて読みたい方は
    こちらをクリックしてください