源氏の流謫時代、京にとり残された女たちの中でも、最もあわれであったのは末摘花であった。古い邸内は荒れ果て、仕えていた者も、次第に去っていく始末であったが、彼女は亡父母の面影を慕って古風な生活を守っていた。訪れる人は、世捨て人となった兄の禅師ぐらいだが、彼女の母の妹にあたる大弐の北の方のなどは、むしろ末摘花に憎しみを抱いていて、夫が九州へ赴任するに際して彼女を召使として連行しようとした。源氏の来訪を待って応じようとしなかった末摘花を北の方は潮笑するが、彼女はひたすら源氏を信じきっていたのである。
 やがて冬となった。このころすでに帰京していた源氏が彼女のもとに訪れたのは翌年に夏である。源氏は末摘花の真情を謝し、今後のことを約束する。やがて二年後に、末摘花は新築の二条東院に引き取られた。

公開した『源氏物語』の記事をまとめて読みたい方は
    こちらをクリックしてください