源氏は明石から帰京した年の十月、故桐壷院のために法華八講を催行した。
 翌年二月、春宮(冷泉帝)が元服したのを機に朱雀帝は譲位し、源氏は内大臣となった。前左大臣も大政大臣に復帰し、かくて源氏方の人々が政界の主流にすわるようになる。
 二条院では東院を修築した。
 折も折、三月中旬に明石の君に女子誕生との報が入る。源氏は乳母を派遣した。源氏は明石の君のことを紫の上に告白するが、紫の上の嫉妬するさまさえも愛らしかった。
 この秋、源氏は流浪時代の願ほどきに住吉に詣でる。たまたま行き合せた明石の君は、源氏一行の盛大さに驚くが、いまさらながら我が身の程を痛感するほかなかった。
 一方、六条御息所は帰京し尼となっていたが、源氏に後事を託して没した。源氏は藤壷と相談し、朱雀院の希望をも退けて、六条御息所の遺女の前斎宮(後の秋好中宮)をわが養女として入内させる。

公開した『源氏物語』の記事をまとめて読みたい方は
    こちらをクリックしてください