みなさん、こんにちは!

冬期講習絶賛開講中!
ということで、最初の期間は中3国語。
この2日間は徹底的に小説文の読解を行っています。
神奈川県立の小説文ははっきり言って易しいです。
解答を導き出す根拠が必ず本文中にありますので、その根拠を基に、正解の選択肢を探していく作業を繰り返すだけです。
ただし、その分時間との勝負でもあります。
僕の授業では、小説文の大問は10~13分以内に解くよう指導しています。
その時間内で十分解ける問題構成になっていると思います。
記述問題も出題されますが、指定語句を使う条件記述になっていますので、これも解きやすい問題です。
条件になっている語句は、必ず本文で使われている語句になります。
その箇所を探し、その付近を使って書けば良いという単純なものですので、たとえ50字程度の少し長めの記述問題であっても、それほど悩まずに書けるでしょう。
しっかりトレーニングして、小説文では1問も落とさない力を養っておきましょう!