みなさん、こんにちは。

緊急事態宣言も結局延長……。
ホントに辛い日々が続きますね。
こうなったらお家時間に楽しみを見出さないと。
料理をしたり映画を見たりといろいろ楽しみはありますが、読書も楽しいですね。
僕は先日芥川賞を授業した『推し、燃ゆ』(宇佐見りん)、直木賞を受賞した『心淋し川』(西條奈加)、それから候補作になった『オルタネート』(加藤シゲアキ)を購入してきました。

読んだ感想(個人的な意見です!)としては、『心淋し川』が一番惹かれる作品でしたね。一つの街を舞台に繰り広げられるそれぞれの人生が、差配という1人の人間を中心に繋げられていくのはなかなかでした。
また『オルタネート』も面白かったです。ジャニーズをやりながら、こんな作品まで書き上げるなんて、純粋にすごいなと羨ましいなという感じです。
『推し、燃ゆ』は、僕の年齢からいくとちょっと理解しにくい作品でしたね。若い人たちなら共感できるのかな。

いずれにしても、この家時間を読書にあててみるのはなかなか有意義ですね!
また、読んだ本の感想などもブログに上げていきますね。

※ 通常授業と春期講習の詳細は下記のリンクより見られます。

   2021年度通常授業

   春期講習会