身につくまでとことん指導! 横浜市栄区の桂台にある塾

講師紹介|代表

講師紹介・国語科・タイトル

国語という教科は、勉強する上で二つの難点があります。一つは、「日本語だから分かるだろう」という油断、もう一つは、英語や数学と違い、明確かつ細かな分野が存在しないため、何を勉強していいのか分からないということです。そう思ったことはありませんか? しかし、入試国語には入試国語としての正しい勉強法、得点奪取のメソッドが存在します。そもそも日常的な日本語(読書行為など)と入試国語は明らかに違うのです。普段本をよく読む人でも、入試問題になると解けない。またその逆もあります。

入試国語を解くためには、ただ漫然と文章を読むのではなく、解答を導き出すための論理的な読みがあるのです。「論理的」などというと、少し難しく思われるかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、解くための方法論を身につけると、驚くほど簡単に、そして美しく正答を導き出せるのです。授業では、それを徹底的に指導します。是非、今まで学んだことのない国語の授業を受けに来て下さい。

講師紹介・国語科・5つのポイント 講師紹介・国語科・POINT1

国語の力と言えば本文の精読であることは言うまでもないことです。しかし、上記にも記した通り、ただ漫然と読むだけでは文章内容は見えてきません。ある目的・思考をもって読むことが大切です。そこで必要なものが次に挙げる3つのキーワードです。(1)「抽象→具体」(2)「因果関係」(3)「対比・二項対立」 この意識をもって読むことが国語では最も大切です。一見難しく見えるかもしれませんが、詳しくは授業で解説し、必ず身につけることができるものです。

講師紹介・国語科・POINT2

みなさんは一生懸命に文章を読み、内容把握ができれば問題は解けると思っていませんか?
実はそれは大きな間違いで、その落とし穴にはまってしまう受験生が多いのです。文章はしっかり読んで理解できたのに問題が解けない! 本当に良く聞く感想です。では、そこには何が欠けているのか。それは設問の理解とパターン化です。

いくら文章を頑張って読んでも、設問で何を聞かれているのかが分からなければ、答えることはできません。まずは設問をしっかり理解することが大切です。設問も文章と同じように読解するのです。そしてその次に必要なことは設問のパターン化です。文章は毎回違う文章を読むことになりますが、その中に並んでいる設問は、実は数種類のパターンしかないのです。典型的な設問は、「傍線部はどういうことですか」「傍線部はなぜ(どうして)ですか」などです。数種類にパターン化された設問の解き方を覚えていけば、どんな文章が出題されても、設問から解くことができるようになります。これ、結構面白いんですよ!

講師紹介・国語科・POINT3

接続語って聞いたことありますよね?そうです。語と語、文と文をつなぐ働きをするものです。言葉の接着剤のようなものですが、実はこれが本当に重要なのです。ちなみに接続語は7種類あります。(1)並列 (2)添加(累加) (3)順接 (4)逆接 (5)説明(補説) (6)選択 (7)転換 です。

この接続語というものは単に言葉をつなぐだけではなく、読みの方向性を決定する矢印記号なのです。接続語によって示された通りに読み進めれば正確な読みができます。逆に言えば、接続語を無視すればそれだけ誤読の可能性を高めてしまうものなのです。僕の授業では、とにかく徹底的に接続の使い方をはじめに教え込みます。そしてこれを縦横に操れるようになれば記述力も高まります。みなさんも、接続語の重要性をしっかり理解しておいてください。

講師紹介・国語科・POINT4

前記した接続語と同じくらい重要なキーワードが指示語です。「こそあど」言葉ですね。「傍線部『これ』の指し示す内容を書きなさい」という設問は超頻出問題です。しかし、意外に指示語の指し示す内容を見つけ出すことが不得意な生徒が多いようです。それは安直に「指示語は前を探す!」と考えてしまっているからです。たしかに指示語が指す内容は、前(直前)であることが多いのですが、実はどれを指し示しているかの把握には指示語よりも後が重要なのです。「後にこそ指示語の根拠がある!」 これをしっかり覚えておけば指示語で困ることはありません。

講師紹介・国語科・POINT5

国語は「考える」科目である、と思っている人が多いと思います。それはたしかに正しいのですが、「考える」というのは、解答・解答の根拠が存在せず、自分で作り出さなければならない時の姿勢です。しかし、入試国語においては、解答・解答の根拠はすべて本文中にあるのです。ということは、ここで必要なのは「考える」ではなく「探す」という姿勢です。多くの受験生は、この「探す」というトレーニングを積んでいません。考えれば解答が出せると思い込んでいるのです。この「探す」というトレーニングを積んでいけば、もっと容易に解答が導き出せるのです。その面白さを是非授業で味わってみてください。

講師紹介・生徒の皆さんへのメッセージ

勉強する意味は何か?と聞かれても、答えようがないんだよね。どんな答え(説明)をしたとしても、勉強嫌いな子には屁理屈にしか聞こえないだろうから。きっと、その意味は君たちが大人になったときに知ることになるのだろう。それでもあえて1つだけその意味を言うなら、「人生の選択肢」を広げるためだと思う。君たちの未来には無限に広がる可能性が開けている。ただし、そのどれを選択するかには、身に備わった何かが必要な場合もある。その1つが「学力」なのだと思う。もちろん、「学力」を持っていても、将来それが不必要な場合もあるが、その場合にはそれを使わなければ良いだけの話であって無駄にはならない。しかし、「学力」が必要な時には、それがなければ選択できないんだよね。「選びたくても選べない」のはとても悲しいことでしょ? だから君たちには「選べる」人に、「選べるけれども選ばない」人になってもらいたいと思う。僕はその手助けを全力でするから、みんなも自分の明るい未来のために頑張ってほしい。
 一緒に君たちにとっての第一志望合格を手にしよう!!

講師紹介・講師のプロフィール

講師歴25年目。駿台系列で21年、私立高校で大学受験対策講座を10年間担当している。学生時代から教壇に立ち、主に都内の大手塾で中高生を対象に受験指導を行う。学校では味わえない受験テクニックで多くの受験生を有名校に輩出。詳細な入試問題の分析から、的確な指導を行う。国語嫌いな生徒も、いつの間に国語好きになる「楽しい」授業を展開している。

【合格実績】
《高校受験》 筑波大附属駒場・東京学芸大附・開成・慶應女子・早稲田高等学院・早稲田実業・慶應義塾・中大系列・明大系列・県立湘南・県立翠嵐・都立日比谷・都立戸山・都立西ほか
《大学受験》 京都大・北海道大・早稲田大・慶應義塾大・明治大・法政大ほか

◆代表・進藤先生のブログはこちらから!◆

<<講師紹介 代表・国語科/英語科>> <<講師紹介 数学・算数科>>

<<アドバイザー紹介 入試面接対策>>

お気軽にお問い合わせください TEL 045-893-2173 受付時間 14:00~21:30(平日・土曜) 10:00~14:00(日曜)

PAGETOP
Copyright © 翔栄スクール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.